女性の薄毛はホルモン改善で解消できるって本当


昔は白髪、抜け毛、薄毛といった女性のトラブルは、老齢の女性の悩みでしたが、最近は30代、40代から悩む女性も増えています。

この年代の女性は更年期ほどは劇的ではないものの、少しずつホルモンのバランスが崩れ始めています。
このホルモンのバランスの崩れが頭皮にも影響を及ぼして、髪の毛が細くなったり抜けたりして薄毛になったり、白髪になったりといったヘアトラブルが引き起こされます。

また、現代の女性は、ダイエット、偏食、ストレス、過度のヘアケアによって、昔よりもまして30代から40代というまだ若い時期
から薄毛などのヘアトラブルに悩む女性が増えています。

とくに、ビジネスウーマンの方は特に注意が必要ですexclamation×2
ビジネスウーマンの女性は、仕事でのストレスをため、残業で帰りが遅くなり寝不足に、時間がないため外食となり食生活も乱れていますふらふら

さらにダイエットまで行なっていると、確実にホルモンのバランスが乱れて白髪、抜け毛、薄毛が増加してしまうのも当然ですひらめき

女性の薄毛はホルモン改善で解消できるって本当

女性薄毛や白髪、抜け毛のヘアトラブルを解決するには、
続きを読む
posted by 薄毛の悩みがみるみる解決するコツ at | 薄毛Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薄毛に効くと言われているプロペシアは女性でも効果があるのか


米国で話題になった発毛促進の内服薬「プロべシア」ですが、実際女性薄毛に効果があるのかどうかと言う質問をよく受ける事があるのですが、結論から言うと、女性薄毛改善にはこの内服薬「プロペシア」は効果がありませんがく〜(落胆した顔)

薄毛に効くと言われているプロペシアは女性でも効果があるのか

そもそも「プロペシア」は男性用の薄毛改善用に開発された内服薬なので女性に効果がないのは当然です。

ここでプロペシアの効果について説明すると、抜け毛薄毛男性ホルモン(テストステロン)と深い関係があります。

前頭部頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいのですが、男性ホルモンはこのような悪さを働く場合、毛根の細胞にはいり、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化します。

この男性ホルモンからDHTへの変換を促すのが5α-レダクターゼという酵素で、内服薬「プロペシア」の活性成分であるフィナステライドは、この5α-レダクターゼを阻害することで、男性ホルモンの毛根への作用をブロックすることで薄毛を抑制しています

このことからも分かるように、もともと男性ホルモンの少ない女性に対してプロペシアのような内服薬を利用しても効果は期待出来ません。

それどころか、続きを読む
posted by 薄毛の悩みがみるみる解決するコツ at | 薄毛Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX業者